Home > Products > AUTO DiLTS Diagnostics Clear System page

AUTO DDCS −DiLTS 自動診断警告灯クリアシステム AUTO DiLTS Diagnostics Clear System−

AUTO DiLTS Diagnostics Clear System
非常に小型の本体をカプラーオンで、バイクに取り付けておくだけで
煩わしいFIランプ点灯を自動的に消灯することが出来ます
Kawasaki Z125 Proはサブコン等によりリミッターカット(燃料リミッター及び点火リミッター)を行って、エンジンが11000回転/分以上になった場合 ECUが誤作動と判定し、P0351(イグニッションコイル異常)として警告し、FIランプを点灯させエラーモードになります。
またバッテリー電圧が低く、ぎりぎりセルが回る時などスムーズに始動できない時にも、同じエラーを出します。
AUTO DDCS (Kawasaki Z125 Pro専用)はイグニッションキーONの際、このイグニッションコイルエラーをチェックし、検出した場合は自動的に消去します。 従来はエラーを消去するには、診断機(KDS)やエラー消去器(当社DDCS等)の場合、シートを外し、診断カプラーへ接続し、パソコン操作やボタンを押す消去操作を 行う必要がありました。非常に小型のAUTO DDCSはシート下の診断コネクタに常時接続しておきます。(つけっぱなしでOK)。
万一エラーが発生した時は、イグニッションキーをOFF/ONするだけで自動的にエラーを消去してくれます。
またイグニッションコイル異常(P0351)以外のエラーが発生した時には、消去動作を行ないません。 大切なバイクに他の異常が起こった場合のFIランプ点灯(エラー)は、消去しないので安心です。
(この場合は診断機でエラー内容を確認して修理してください。)
BUY AUTO DDCS