Home > Products > DiLTS Diagnostics Clear System DiLTS Diagnostics Clear System page

DDCS −DiLTS Diagnostics Clear System−

DiLTS Diagnostics Clear System
部品を取り付けたり、改造したりしている中などでECUがエラーを感知してエンジン警告灯(FIランプ)が点灯しまうことがあります。 点灯したままの走行は正常な状態ではありません。 さらにそのまま走行を続けると、他に重大なトラブルになった場合、本来のエラーがわかりません。(通常はエラーの問題を解決し、エラー警告を消して走行します。) エラー警告灯(FIランプ)を消すには、特定の販売店が持っているメーカー純正ツールで診断、消灯してもらう必要があります。特にZ125Proでは、サービスマニュアルにバイク本体の操作だけでエラーを消灯する方法が記載してありますが、方法が複雑な上、回転を下げずに長時間運転したりと大変時間がかかり、成功率も低いため簡単に消灯できません。DDCSは、Z125Proの診断コネクタに接続するだけで、メーター内のFIランプに故障コードを表示し、ボタンを押すだけでエラー警告灯を消灯することができます。
DiLTS Diagnostics Clear System set DiLTS Diagnostics Clear System lightning
注意:
エンジン回転中はエラー警告灯を消灯させることができません。エラー警告灯を消灯させる場合は必ずイグニッションキーをONにしてエンジンを始動しない状態の時に行ってください。
本製品はECUをリセットするものではありません。
本製品はエラー発生原因をリセットするものではありません。
エラーランプを消灯させてもエラーの原因を特定して解決していない場合は、走行すると再びエラー警告灯が点灯します。
BUY DDCS for KAWASAKI Z125Pro