Home > Products > ENIGMA page

ENIGMA

The fuel such as engines that enlarge the engine displacement can be adjusted.
ENIGMA is a thing added to ECU at the motor cycle, and a sub-computer that demonstrates high performance.

The fuel such as engines that enlarge the engine displacement can be adjusted.
It connects it with the motor cycle by bluetooth or USB connection.
It is possible to operate it with the terminal such as Smart phone even in the outside of the house and the going out destination anytime and anywhere. It is possible to set it with PC in the home.

The number of fuels is increased with special software. Or, it decreases it.
The fuel is controlled according to engine revolutions and open times of the throttle.
Rotation Limiter of the engine can be released. Moreover, the REVLimiter rotation can be newly set.
When triggering the engine, it is possible to connect it. In addition, data can be transmitted.
It in real time informs them of the position of "Fuel map" read when the engine moves.
An accurate rotation of the engine is read, and the tachometer of software is moved. Moreover, the value of the throttle is displayed.

The function to move accurately is provided by synchronizing the value of the TPS sensor that has adhered at the motor cycle with ENIGMA.
There is "Digital acceleration pump function" that looks like the racing carburetor function well.
Your motor cycle life is helped by a variegated performance of software.

BUY ENIGMA
リミッターカット/燃調 スマホ&PCで出来る! Bluetooth無線接続サブコン

市販されている色々なチューニングパーツを装着していくと、少なからずエンジンの燃料調整のバランスを崩す事となります。これはノーマル部品の性能を考えたプログラムがECUに入っているからでそのような状態では、エンジンの性能を引き上げようとして装着したパーツは性能を発揮できないばかりか、もともとのエンジン性能を損なってしまうこともあります。キャブレターの時代は「キャブセッティング」等メカニカル的に調整できていましたが現代のインジェクションエンジンでは「セッティング」と言うものが一切できません。ENIGMAは、チューニングパーツ装着でバランスの崩れてしまった燃調を最適の状態にセッティングする事ができる「インジェクションコントロールサブコンピューター」です。
さらにチューニングに役立つ多彩な機能でボアアップ車の燃料増量を始め、貴方のチューニングライフを強力にサポートします。Bluetooth無線接続でハーネスなどのわずらわしいケーブルも使用せずスマートフォンやパソコンに簡単に通信接続できます。
ビギナーからハイエンドユーザーまでチューニングレベルを問わない画期的なサブコンが、”ENIGMA”です。
※KITにスマートフォンは付属していません。

ENIGMAの主な特徴

リミッターカット機能

ノーマルの電子制御ECUのデータに割り込んでエンジン回転リミッターを解除します。スマホやPCから簡単に解除/設定が出来ます。

燃料噴射量の増量/減量が可能

燃料調整はスロットルポジションとエンジン回転で細かに制御できます。増量/減量が最大2500μsの範囲で行えます。スマホでも簡単セッティング出来ます。(SUZUKI アドレスV125は増量のみです。)

リアルサーチ機能搭載

エンジンをかけたままPCやスマホと接続できます。動いているエンジンの情報はリアルタイムにPCやスマホの画面に反映されます。今読み取っている回転数/スロットル開度が、燃料MAPグラフに反映され確認出来ます。

レブリミット機能

エンジン回転の上限を設定出来ます。リミッターカットとは別に独立した機能なので低い回転でも設定ができます。チューニングエンジンのレブ対策や、馴らし運転などエンジン回転を上げたくない時などに有効に使えます。スマホなどから簡単にON/OFF設定可能。

ピットレーンリミッター機能(GROMのみ装備)

グロム/Z125用のENIGMAのみ装備されているツインリミッター装置です。市販の外部スイッチを付けるとオーバーレブ対策用のレブリミッターとは別に手元でピットレ−ン速度コントロールリミッターのON/OFFが出来ます。

水温表示機能(マジェスティS/PCX125(JF56)/TORICITY等に特別装備)

スタンダードENIGMAでもマジェスティSやPCX125(JF56)/150(KF18)、TORICITY等はスマホアプリやPCソフトに水温表示機能が特別装備されています。表示させて走行すると市販のデジタル水温計同様に走行中の水温がリアルに確認出来ます。

デジタル加速ポンプ機能

本製品はTPS信号を取り込み、アクセル開度とその速度を監視しています。 アクセルを早く開けた時などはライダーが素早い加速が欲しいと判断し、アクセルを 開けた瞬間に設定した増量噴射以外に非同期で加速噴射を行います。 レーシングキャブの「加速ポンプ」と同じような働きが設定できます。

リアルタイムモニター

PC/スマホの専用ソフトにはリアルタイムモニター機能があります。 セッティングにとても便利なタコメーター画面やスロットル開度グラフ画面などが あります。エンジンが動いているときタコメーターやTPS開度モニターがリアルタイム で動きます。タコメーターの無い車両ではスマホがタコメーターの代わりになります。

TPSセンサー信号補正機能

TPSセンサーの出力(大体0.8v〜4.2vの間で出力)はバイクにより誤差があります。 パソコン/スマホ画面からでチェック出来るので使用するマシンに合わせENIGMAに 入力する信号の誤差を修正する事で、バイクのアクセル開度が本機に正確に反映され、 作成した燃料MAPの数値データが正確にバイクに反映されます。

燃料MAP独立保存

燃料MAPと加速ポンプデータはそれぞれ独立していくつでもPC/スマホに保存出来ます。

無断通信接続防止機能

ENIGMA(Bluetooth/LE版)は無線でデータのやり取りを行いますので、 他人が悪戯でアクセス出来ないようにセキュリティ機能があります。

デジタル出力サービス線

1回転に1パルス5ボルトです。市販の多くのデジタルタコメーターなどに対応します。

※本機は日常生活防水仕様です。(一般的に雨水がかかるくらいはOK)
 完全に水没したり、断続的に水が掛かるような使い方はしないで下さい。

ノーマルECUに割り込み装着

ノーマルECUに割り込み装着

小型のENIGMA本体は、フロントカウル内などにあるノーマルECUの配線に割り込ませて装着します。無線操作なので通信ケーブル等を出す必要がなく完全に埋め込んでしまうことが出来る為、ENIGMA本体の盗難防止効果もあります。


スマートフォンでセッティング

スマートフォンでセッティング

専用の多機能アプリをお持ちのスマートフォンにダウンロードしてENIGMAをコントロール(アンドロイド版はグーグルプレイからiOSはAPPストアから/各¥300)スマホからリミッターカットや燃料の増量/減量等パソコン操作ソフトと同じ事が全て出来ます。Bluetooth無線接続なので面倒な有線接続もありません。何時でも何処でも簡単に気軽にセッティングや設定変更が出来ます。
※使用出来るスマートフォンの機種及びバージョンについては当社こちらでご確認ください。


スマートフォンがタコメーターに

スマートフォンがタコメーターに

市販の車載用スマートフォンアダプター等を利用すればスマホがタコメーターに早がわりします。 画面のタコメーターの「レッドゾーン」はレブリミッターの設定回転数と連動していますので設定を変えれば回転数の抑制も簡単に出来ます。 また、TPSモニター(スロットルポジションセンサー値モニター)も連動して動きます。これは今アクセルをどの位開けているかを表示させる機能です。燃費運転などのヒントやチューニングセッティング時などさまざまな場面でお役に立ちます。画面を切りかえ燃料MAPを表示させて走行する事も可能なので、リアルサーチ機能を使いMAPの「今何処を読んでいるのか?」を走行中に確認する事も出来ます。セッティングしたい箇所が画面で確認でき、勿論そのまま燃調も出来ます。使い方を工夫すればセットアップ時間が大幅に短縮されます。
走行中の取り扱いには十分注意してください。また操作は危険ですので 停車して行って下さい。


多機能パソコン用ソフトで燃調

多機能パソコン用ソフトで燃調

当社HPより無料のパソコン版多機能ソフトをダウンロードして、お持ちのパソコンにインストールして下さい。 燃料噴射量の増量/減量がエンジン回転数とスロットル開度毎に最大2500μsで設定出来ます。エンジン始動中の接続も出来ますので、リアルサーチ機能を使いリアルタイムで今のエンジン状態を燃料MAPに反映させることが出来ます。 (今読み込んでいる燃料MAPの位置を反転させてリアルタイムで表示するシステムです。) タコメーター表示機能やTPS値表示機能、デジタル加速ポンプ機能、水温表示機能(設定車種のみ)等セッティングに便利な機能が満載。エンジンをかけたままで燃調MAPの書き換えも可能です。 ボアアップ車等の燃料増量セッティングからパワーフィルター装着車のライトセッティングまで幅広く対応します。


10回転毎に自動再計算し細かく増量/減量

回転毎の増量噴射イメージ図

燃料の増量/減量は500rpm刻みで数値を入力しますが、例えば4999回転から5000回転になった瞬間に設定分の増量を全て行うのではなく、ENIGMAはその間の増量分を10回転毎に計算し分割して増量します。5010回転・5020回転というように10回転毎に滑らかに増量していきます。


ピットレーンリミッター

ピットレーンリミッター

レース時のビットレーン速度規制等に有利な機能です。レブリミッターとは独立した「ツインリミッター」を装備。市販のスイッチ等を使い、ハンドル等に装着してENIGMAの配線と接続すれば、あらかじめセットしておいたスピード(回転)にスイッチONで制御します。
ピットレーンリミッター機能は、GROM/Z125用ENIGMAのみ特別装備。


USBでパソコンに接続

USBでパソコンに接続

ノートパソコンなどをメインに燃料セッティングをされる方にはリーズナブルなUSB接続モデルもございます。操作ソフトや性能はBluetooth版と同じです。ENIGMA本体から出ているケーブルをパソコンに繋いで通信を行います。接続中はリアルサーチ機能やタコメーター、TPSモニターなどリアルタイムで確認出来、Bluetooth版と同じ操作機能が使えます。
詳しい設定車種は下記表参照。
(USB接続でスマートフォンには接続できません。)


水温計表示機能

水温計表示機能

市販のデジタル水温計のように、リアルタイムで 水温を表示する機能を搭載。 スマホアプリやPCソフトのリアルタイムモニター 画面で現在の水温をリアルタイムに表示します。 エンジン回転数/アクセル開度と同時に表示させることが出来るのでセッティング等に役立ちます。 水温計表示機能は、MAJESTY-S(S-MAX)2014年PCX125(EBJ-JF56型)、PCX150 (JBK-KF18型) TRICITY 専用ENIGMAのみ特別装備。


iOS/アンドロイドどちらにも接続可能

iOS/アンドロイドどちらにも接続可能

新しいENIGMAは、iPhone(iOS)とアンドロイドスマートフォンの両方に通信接続が出来るようになりました。スマホOSの種類を気にしなくても大丈夫です。もちろんPCにも無線接続可能。対応スマホ機種やwindowsOS情報等は、当社HPから ご確認いただけます。


ENIGMA ラインナップ

※従来製品のEBD-330RTF(JAN 4580490200914)/EBD-331PRTF(JAN 4580490200907)を新型グロム(2016年LEDヘッドライトモデル)に接続するには、一部配線変更が必要です。EBD-330RTFW(JAN 4580490201270)/EBD-331PRTFW(JAN 4580490201287)は2015年以前のグロム(プロジェクターヘッドライトモデル)および2016年以降のグロム(LEDヘッドライトモデル)の両方に配線変更無しで接続できます。

・2015年11月発売のシグナス−X(後輪ディスクブレーキ仕様 EBJ-SEA5J/E3T5E)には使用できません。(FirePlusに専用タイプがあります)
・YAMAHAジョグZR(JBH-SA39J)は、4サイクルジョグZRです。
・写真のスマートフォンは、イメージです。製品にスマートフォンは含まれておりません。
・ENIGMAは、競技で使用することを前提とした商品です。競技場又はサーキットなど公道以外の場所でご使用下さい。
・燃料セッティングは、一歩間違うと重大なトラブルの原因となります。使用する場合は、全てお客様の自己責任でお願い致します。
 当製品使用に関するトラブルやそれらに付随して起こる全ての事に対して当社は一切、責任を負いません。
・上記表の価格は、税抜価格です。商品には別途消費税がかかります。

BUY ENIGMA
タイプPをアップデートしたENIGMA LC 新たにO2コントロール機能が加わり、燃料増量性能をさらに高性能に!ENIGMA LC
ENIGMA LC

O2フィードバック機能をコントロールして「簡易自動燃調」を行いスイッチひとつで簡単にパワーUPモード/燃費モードを実現します。 スマホやPCから希望する「ターゲット空燃比」にセットするだけでクローズドループエリアで、空燃比を自動で補正します。ワンタッチでしかも簡単に「パワーと燃費」をコントロールできます。もちろん従来のENIGMAの持つ全ての機能も搭載。きめ細かな燃調やリミッターカットもスマホやPCから簡単に設定出来ます。

取り付けは説明書要らずの「カプラーONタイプ」もございます。
各バイクのECUにカプラーを差し込んで繋ぐだけです。


ループバックコントロール機能

ループバックコントロール機能

ENIGMA LCは、狙った空燃比に自動で補正するループバックコントロール機能と共にO2フィードバックを停止させる従来の「O2リプレイサー機能」も搭載しています。スマホ/PCからスイッチひとつで切り替え選択が行えます。また、O2フィードバックを簡単に復活させる事も可能です。スマホ/PCで簡単にボタンひとつでノーマルのクローズドループ制御に戻せます。
※ノーマルの純正ナローセンサーの信号を使いますので、調整の範囲はクローズドループエリア内、約A/F14.5(パワー重視)〜約A/F15.0(燃費重視)の範囲となります。
また、純正O2センサーは必ず必要となります。(取り外し出来ません。)

インジェクターの「開閉率」表示機能搭載

インジェクターの「開閉率」表示機能

ENIGMA LCは燃料の増量/減量が最大4000μsまで行えます。(従来型は2500μs)
最大噴射量が4000μSに大幅に向上された為、高回転時に燃料が大きく増量されすぎた場合、インジェクターが吹きっぱなしになり故障の原因になります。それらをスマホやPC画面から確認出来る様にインジェクター「開閉率」の表示機能があります。(吹きっぱなしになれば100%になるので直ぐに確認出来ます。)バイクの油温も表示出来ます。(油温計機能)


ENIGMA LC Lineup

・ENIGMAは、競技で使用することを前提とした商品です。競技場又はサーキットなど公道以外の場所でご使用下さい。
・燃料セッティングは、一歩間違うと重大なトラブルの原因となります。使用する場合は、全てお客様の自己責任でお願い致します。
・当製品使用に関するトラブルやそれらに付随して起こる全ての事に対して当社は一切、責任を負いません。
・上記表の価格は、税抜価格です。商品には別途消費税がかかります。

BUY ENIGMA LC
ENIGMAにコンパクトにO2リプレイサー機能を内蔵!もちろんアンドロイド・iOS両対応のプレミアムバージョン ENIGMA Type-P
ENIGMA Type-P

O2センサーフィードバックを停止させる為のO2リプレイサーをENIGMAに内蔵し、空冷車は油温計機能/水冷車は水温計機能を搭載したENIGMAプレミアムバージョン。タイプーPは、ECU配線に割り込ませて接続するだけで増量/減量に対してO2フィードバック補正が入らなくなり、アプリやPCで設定した燃調MAP通りの増量/減量が行えます。パワー重視セッティングの方やボアアップ車等のチューニング車におすすめです。また、取り付け方によりO2フィードバック機能を復活させる事も可能です。O2リプレイサーの機能「アイドリングの微調整」は本体のダイヤル式からスマホやパソコンで出来る「無線式」になり、ますます便利に詳しくはO2リプレイサーの注1参照
もちろん、リミッターカット機能や各種セッティング機能も従来どおりでiOSとアンドロイドどちらにも対応します。


無線式アイドリング微調整機能

無線式アイドリング微調整機能

油温/水温表示機能

「ENIGMAタイプーP」には、空冷車の油温表示機能 (アドレスV125はエンジン温度表示になります) 水冷車の水温表示機能が標準装備されました。 スマホなどで表示させればエンジンのコンディションをリアルタイムで更に詳しく知ることができます。


ENIGMA type-P Lineup

※従来製品のEBD-330RTF(JAN 4580490200914)/EBD-331PRTF(JAN 4580490200907)を新型グロム(2016年LEDヘッドライトモデル)に接続するには、一部配線変更が必要です。EBD-330RTFW(JAN 4580490201270)/EBD-331PRTFW(JAN 4580490201287)は2015年以前のグロム(プロジェクターヘッドライトモデル)および2016年以降のグロム(LEDヘッドライトモデル)の両方に配線変更無しで接続できます。

・国内仕様のシグナス−X(SE44J)にはO2フィードバック機能が無いため、リプレイサーは機能しません。
・2015年11月発売のシグナス−X(後輪ディスクブレーキ仕様 EBJ-SEA5J/E3T5E)には使用できません。(FirePlusに専用タイプがあります)
・GROM(EBD331のみ)/FI MONKEY/SUPER CUB/CYGNUS-Xは、油温表示機能が装備されています。
・アドレスV125は、エンジン温度表示機能が装備されています。
・ENIGMAは、競技で使用することを前提とした商品です。競技場又はサーキットなど公道以外の場所でご使用下さい。
・燃料セッティングは、一歩間違うと重大なトラブルの原因となります。使用する場合は、全てお客様の自己責任でお願い致します。
・Z125Pro NMAX125用にはアイドリング微調整機能はありません。
・Monkey-FI用はアイドリング微調整機能ではなく、アイドリング同期機能になります。
 当製品使用に関するトラブルやそれらに付随して起こる全ての事に対して当社は一切、責任を負いません。
・上記表の価格は、税抜価格です。商品には別途消費税がかかります。

BUY ENIGMA TYPE-P
O2フィードアップ機能を解除 マイクロコンピューター制御O2センサーキャンセラー O2リプレイサー
マフラーにO2センサーが付いたインジェクション車はO2センサーによるフィードバック補正エリア内では、サブコンで燃料を増量/減量してもフィードバック補正によりある程度、元に戻されてしまいます。O2リプレイサーは内蔵されたマイクロコンピューターでインジェクション車のO2フィードバック機能(クローズドループ)を停止し燃料補正をカットします。これにより全エンジン回転域/全アクセル開度域での燃料増量/減量に対し補正が入らなくなりサブコン等でのセッティングが全域で行えます。
近年のFI制御マシン等は、マフラーに付いているO2センサーを取り外すとECUに入力信号がなくなる為、例えばアイドリングが上昇したりエンジンが不安定になったりします。O2リプレイサーを装着するとアイドリングをノーマルの回転近辺に自動で補正します。(各車種でO2リプレイサーの設定アイドリング回転数は違います。)また「アイドリング微調整ダイヤル」を装備しており、バイクの個体差によるアイドリングの高め/低めを任意に調整出来ます。発振機を内蔵して「擬似O2センサー信号」を発生してる製品と違いO2リプレイサーはアイドリング近辺の回転数を監視しアイドリング時などは独自のプログラムにより毎回計算された擬似信号を状況に応じて発生しています。簡易作動確認LEDで作動しているのが視覚的に確認できます。
O2リプレイサー
O2リプレイサー 裏のキャップを外してアイドリングを微調整

本体裏面のキャップを外し、精密ドライバー等でアイドリングを微調整します。
日常生活防水です。本体にはキャップ等もある為ここから水が入らないようにご注意下さい。
各車種専用設計です。


取り付け場所を選ばない小型設計/ノーマル車にもOK

コンパクトな外形なので、取り付け場所に困りません。ノーマル車の場合、取り付けるだけでO2センサーからのフィードバック機能を停止すると共にアクセル低開度域のO2センサー信号を補正し、特に低中速域のパワー/トルク特性を向上させます。ボアアップ車やBIGインジェクター装着車の場合でも、O2リプレイサーはアイドリング回転近辺では独自の機構によりアイドリングを自動で安定させようとします。 この時の「空燃比」が故意に濃すぎる又は薄すぎる場合は、アイドリング安定化プログラムは働きません。
注1インジェクターの大きさや燃圧、その他パーツにより結果は違います。改造車の場合はケースバイケースとなる場合がありどんな改造でもアイドリングを安定させるという機能ではありません。また、IACバルブをコントロールするものではない為、車種によっては安定するのに少し時間がかかる場合もございます。

O2リプレイサー LINEUP

・国内仕様のシグナス−X(SE44J)にはO2フィードバック機能が無いため、使用できません。
・2015年11月発売のシグナス−X(後輪ディスクブレーキ仕様 EBJ-SEA5J/E3T5E)には使用できません。(FirePlusに専用タイプがあります)
・上記表の価格は、税抜価格です。商品には別途消費税がかかります。

BUY O2Replacer for YAMAHA CYGNUS-X(with Oxgen Sensor MODEL)
BUY O2Replacer for HONDA GROM/MSX125
BUY O2Replacer for SUZUKI ADDRESS V125K9/L0
BUY O2Replacer for YAMAHA TRICITY125

ブラインドカプラ−セット

O2リプレイサーをつけた車体で、ノーマルのO2センサーをマフラーから外してしまいたい場合に使用する専用ブラインドカプラーとマフラーの穴を塞ぐ専用ボルト/アルミパッキンのセットです。
カプラーを外してO2センサーを車体から取り外した場合、当ブラインドカプラーを使い、取り外したカプラー車体側に埃や雨水が入らないように蓋をして不慮のトラブルを未然に防ぎます。 ブラインドカプラーはヒーター部が取り外された事をECUに感知されないようにします。 又、マフラーの穴を埋める為の専用ボルト(アルミパッキン付き)を使いマフラーのセンサー穴を塞ぎます。

注意:O2リプレイサーを取り付けずに、ブラインドカプラーセットだけを使った場合はO2センサー信号が全くECUに入力されないため、エンジンの状況または運転の仕方で空燃比補正が変化し、アイドリングが上昇したり、吹き下がりが悪くなったりと、色々な症状が出ます。状況によってはFIランプが点灯する事もあります。ブラインドカプラ−セットは、O2リプレイサーとの同時装着専用の部品です。

ブラインドカプラーセット

ブラインドカプラーセット ¥2,800
BCD210 JAN: 4580490200488
YAMAHA シグナスX(FI) 台湾モデル
BWS125(FI)
※台湾初期のFIモデル(TPSセンサー無しモデル)国内モデル(O2センサー無しモデル SE44J)は不可
※2015年11月発売(後輪ディスクブレーキ仕様 EBJ-SEA5J/E3T5E)は不可。
 

BUY ブラインドカプラーセット

ブラインドカプラーセット

BCD211 JAN: 4580490201256
YAMAHA シグナスX 4型
※2015年11月発売(後輪ディスクブレーキ仕様 EBJ-SEA5J/E3T5E)
近日発売予定
 

BUY ブラインドカプラーセット

ブラインドカプラーセット

BCD510 JAN: 4580490201263
KAWASAKI Z125PRO
 

BUY ブラインドカプラーセット

ENIGMA type RTF 取り付け簡単!完全カプラ−オンモデル 各モデルに専用カプラーを設定

配線接続作業時のハンダ付作業などが一切不要の為、配線接続のミスが無く、取り付け作業時間も大幅に短縮できます。作業はノーマルのECUにカプラーONで繋ぐだけです。また改造車やボアアップ車など「O2センサーフィードバック」を停止させてしまいたい方にはENIGMAタイプP-RTF もございます。iOSとアンドロイドの両方に接続可能です。

ENIGAMA typeRTF typePRTF image

各モデルのECUにワンタッチカプラ−オン

各モデルのECUにワンタッチカプラ−オン

各車種専用のECU接続用特殊防水カプラーを採用しました。年式/モデルやECU型式の間違いを防ぎ、取り付けも「カチッ」と繋ぐだけで接続作業の不安はありません。

O2リプレイサー内蔵モデルもあります

O2リプレイサー内蔵モデルもあります

改造車やボアアップ車など「O2センサーフィードバック」を停止させ、燃調を補正されることなくイメージ通りに調整したい方の為のENIGMAタイプP−RTFタイプ。空冷車は油温表示/水冷車は水温表示機能搭載。リプレイサーで行っていた「アイドリング微調整機能」は本体のダイヤル式からスマホアプリなどから簡単に行える「無線式」になり、ますます便利になりました。

ENIGAMA typeRTF typePRTF lineup
●ADDRESS V125は減量機能はありません。また、PRTFは油温表示ではなくエンジン温度表示になります。 
●GROM用には、ピットインリミッター機能があります。
●上記表の価格は、税抜価格です。商品には別途消費税がかかります。
※従来製品のEBD-330RTF(JAN 4580490200914)/EBD-331PRTF(JAN 4580490200907)を新型グロム(2016年LEDヘッドライトモデル)に接続するには、一部配線変更が必要です。EBD-330RTFW(JAN 4580490201270)/EBD-331PRTFW(JAN 4580490201287)は2015年以前のグロム(プロジェクターヘッドライトモデル)および2016年以降のグロム(LEDヘッドライトモデル)の両方に配線変更無しで接続できます。
BUY ENIGMA typeRTF