Home > Products > ENIGMA FIRE PLUS page

ENIGMA FIRE PLUS

点火時期を完全制御
燃調/リミッターカットもスマホ・パソコンで出来る

燃調/リミッターカットもスマホ・パソコンで出来るENIGMA FIRE PLUS

The fuel such as engines that enlarge the engine displacement can be adjusted.
ENIGMA FIRE PLUS is a thing added to ECU at the motor cycle, and a sub-computer that demonstrates high performance.

The fuel such as engines that enlarge the engine displacement can be adjusted.
It will be able to change the ignition timing. You can also further modify the dwell time.
It connects it with the motor cycle by bluetooth connection.
It is possible to operate it with the terminal such as Smart phone even in the outside of the house and the going out destination anytime and anywhere. It is possible to set it with PC in the home.

The number of fuels is increased with special software. Or, it decreases it.
The fuel is controlled according to engine revolutions and open times of the throttle.
Rotation Limiter of the engine can be released. Moreover, the REVLimiter rotation can be newly set.
When triggering the engine, it is possible to connect it. In addition, data can be transmitted.
It in real time informs them of the position of "Fuel map" read when the engine moves.
An accurate rotation of the engine is read, and the tachometer of software is moved. Moreover, the value of the throttle is displayed.

The function to move accurately is provided by synchronizing the value of the TPS sensor that has adhered at the motor cycle with ENIGMA.
There is "Digital acceleration pump function" that looks like the racing carburetor function well.
Your motor cycle life is helped by a variegated performance of software.

BUY ENIGMA FIRE PLUS

点火時期調整+燃料噴射量調整。

ENIGMA FIRE PLUSは、排気量を変更する等のハードチューニング車からチューニングパーツ装着でバランスの崩れてしまった車両まで点火時期の変更やドエルタイムの変更、および燃調を最適の状態にセッティングする事が出来るフルコンに近い高性能な「スパーク&インジェクションコントロールサブコンピューター」です。 市販されている色々なチューニングパーツを装着していくと、少なからずエンジンの燃料調整のバランスを崩す事となります。これはノーマル部品の性 能を考えたプログラムがECUに入っているからで、そのような状態では、エンジンの性能を引き上げようとして装着したパーツは性能を発揮できないばかりか、もともとのエンジン性能を損なってしまうこともあります。キャブレターの時代は「キャブセッティング」等メカニカル的に調整できていましたが現代のインジェクションエンジンでは「セッティング」と言うものが一切できません。ENIGMA FIRE PLUSは点火時期や燃調を最適の状態にセッティングする事が出来る為、ライトチューニングからハードチューニング車まで幅広く対応することが出来ます。さらにチューニングに役立つ多彩な機能で貴方のチューニングライフを強力にサポートします。Bluetooth無線接続なので、ハーネスなどのわ ずらわしいケーブルも使用せずスマートフォンやパソコンに簡単に通信接続で操作できます。
※KITにスマートフォンは付属していません。

ENIGMA FIRE PLUSの主な特徴

点火制御は2モード

「イージーモード」はノーマル点火時期に対し進角/遅角が設定出来ます。
「プロモード」はフルコン同様に点火MAPを1から製作します。入力した点火時期がそのまま実行されます。
点火MAPは幾つでも保存可能です。 エンジン回転(500回転毎)とアクセル開度(5%毎)に設定可能。
お客様が作られたMAPはスマートフォンやパソコンの中にいくつでも保存可能です。 スマートフォンアプリを使えばMAPの切り替えやその場でセッティングなども簡単に行えます。

ENIGMA FIRE PLUS「イージーモード」MAP

「イージーモード」はノーマル点火時期に対し進角/遅角が設定出来ます。進角(遅角)させたいエンジン回転/アクセル開度箇所をMAPに入力することで今まで出来なかった点火時期の変更が簡単に行えます。入力値は、進角(遅角)させたいクランク角度になります。「+2度」の入力値の場合、ノーマルの今の点火時期よりクランク角度が上死点から見て
「2度早く」点火するという意味です。
通常低回転での進角は、パワーダウンの原因になりがちですが、例えば6000回転以上でアクセル開度60%以上で2度進角等の変更が簡単に行えます。

ENIGMA FIRE PLUS「プロモード」MAP

「プロモード」はフルコン同様に点火MAPを1から製作します。入力した点火時期がそのまま実行されます。入力値は、点火させたいクランクの上死点前角度になります。「10度」の入力値の場合、クランク角度が上死点から見て「10度前の時」点火するという意味です。
ボアアップとストロークも変更したようなハードチューニング車等ノーマル点火MAPをベースと考えにくい場合、フルコン同様に点火MAPを1から設定していくことが出来ます。どのようなオリジナル点火MAPも作る事が出来ますが難易度は高くなります。
上級者向けの機能となります。

ドエルタイムも変更可能

ドエルタイムも変更可能

より強力な点火を得る為ドエルタイム(点火前にIGコイルイグナイターに通電している時間)を変更することが出来ます。ドエルタイムはアクセル開度に関係しないので、設定はエンジン回転毎となります。設定を変えることにより大きな点火パワーを引き出します。強化コイル/BIGコイル等の性能をフルに引き出すことが出来ます。

ノーマルコイルでも設定変更は可能ですが、過度な設定変更は磁界飽和(これ以上チャージが出来ない)につながり
コイルが発熱しトラブルの原因になります。

進化したリミッターカット機能

近年の燃料+点火リミッターに対応した新しいリミッターカット機能です。ノーマルの電子制御ECUに割り込んで燃料/点火両方の回転リミッターを解除します。
シグナスX 4型(後輪ディスクブレーキ仕様 EBJ-SEA5J/E3T5E)の点火時期遅角制御、GROM・FIモンキー等の超高回転リミッター(12000回転点火リミッター)にも対応します。
スマートフォンやパソコンから簡単に解除/設定が出来ます。

パワーグラフ

A:リミッターカット無し(ノーマル車両)
B:燃料のみリミッターカット
C:燃料+点火リミッターカット(FirePlus)

シグナスX 4型等、近年の車両では、エンジン回転リミッターに従来の車両で多く用いられていた燃料噴射停止に加え点火リミッター制御されています。従来型のサブコンで燃料噴射のみリミッターカットを行っても、リミッター回転数を超えるとECUにより点火時期を大きく遅角させたり点火を止めたりします。

このため空ぶかしでは回転が上がったように見えても、上グラフ B曲線のように点火遅角領域でパワーがほとんど出ないため、実際の走行ではスピードは上がりません。
ENIGMA FirePlusはノーマル車両に取り付けてスマートフォンやパソコンでリミッターカットのスイッチ設定をするだけで、両方のリミッターを解除し最適な燃料噴射および点火制御を行います。

燃料噴射量の増量/減量がさらに細かく制御可能

燃料調整はスロットルポジション(5%毎)とエンジン回転(250回転毎)非常に細くなめらかに制御できます。
増量は最大2500μsの範囲で行えます。減量は近年のBIGインジェクターに対応する為、最大で-7500μsの範囲で行えます。
スマートフォンでも簡単に変更出来ます。(SUZUKI アドレスV125は増量のみです。)

O2センサークローズドループ停止機能

O2センサーフィードバックを停止させる為のO2リプレイサーを内蔵。増量/減量に対してO2フィードバック補正が入らなくなり、アプリやパソコンで設定した燃調MAP通りの増量/減量が行えます。パワー重視セッティングの方やボアアップ車等のチューニング車におすすめです。また、取り付け方によりO2フィードバック機能を復活させる事も可能です。O2リプレイサーの機能「アイドリングの微調整」は本体のダイヤル式からスマホやパソコンで出来る「無線式」になり、ますます便利になりました。

取り付け簡単!ECUにカプラーオン(RTFタイプ)

取り付け簡単!完全カプラーオン各モデルのECUにワンタッチカプラーオン

ENIGMA ファイアープラスRTFタイプなら、年式/モデルやECU型式の間違いを防ぎ、取り付けも「カチッ」と繋ぐだけで出来ます。各車種専用のECU接続用特殊防水カプラーを採用、接続間違いの不安もありません。

リアルサーチ機能搭載

エンジンをかけたままPCやスマホと接続できます。動いているエンジンの情報はリアルタイムにPCやスマホの画面に反映されます。今読み取っている回転数/スロットル開度が、燃料MAPグラフに反映され確認出来ます。

レブリミット機能

エンジン回転の上限を設定出来ます。リミッターカットとは別に独立した機能なので低い回転でも設定ができます。チューニングエンジンのレブ対策や、馴らし運転などエンジン回転を上げたくない時などに有効に使えます。スマホなどから簡単にON/OFF設定可能。

ピットレーンリミッター機能(GROMのみ装備)

グロム/Z125用のENIGMAのみ装備されているツインリミッター装置です。市販の外部スイッチを付けるとオーバーレブ対策用のレブリミッターとは別に手元でピットレ−ン速度コントロールリミッターのON/OFFが出来ます。

水温計/油温計表示機能

水冷マシンは水温表示機能/空冷マシンは油温表示機能が装備されています。スマホ等で表示させて走行すると市販のデジタル水温計/油温計同様に走行中の温度がリアルに確認出来ます。

デジタル加速ポンプ機能

本製品はTPS信号を取り込み、アクセル開度とその速度を監視しています。 アクセルを早く開けた時などはライダーが素早い加速が欲しいと判断し、アクセルを 開けた瞬間に設定した増量噴射以外に非同期で加速噴射を行います。 レーシングキャブの「加速ポンプ」と同じような働きが設定できます。

リアルタイムモニター

パソコン/スマホの専用ソフトにはリアルタイムモニター機能があります。 セッティングにとても便利なタコメーター画面やスロットル開度グラフ画面などが あります。エンジンが動いているときタコメーターやTPS開度モニターがリアルタイム で動きます。タコメーターの無い車両ではスマホがタコメーターの代わりになります。

TPSセンサー信号補正機能

TPSセンサーの出力(大体0.8v〜4.2vの間で出力)はバイクにより誤差があります。 パソコン/スマホ画面からでチェック出来るので使用するマシンに合わせENIGMAに 入力する信号の誤差を修正する事で、バイクのアクセル開度が本機に正確に反映され、 作成した燃料MAPの数値データが正確にバイクに反映されます。

各MAP独立保存

燃料MAP・点火MAP(イージーモードMAP/プロモードMAP)加速ポンプデータはそれぞれ独立していくつでもパソコン/スマホに保存出来ます。

無断通信接続防止機能

ENIGMA(Bluetooth/LE版)は無線でデータのやり取りを行いますので、 他人が悪戯でアクセス出来ないようにセキュリティ機能があります。

デジタル出力サービス線

1回転に1パルス5ボルトです。市販の多くのデジタルタコメーターなどに対応します。

※本機は日常生活防水仕様です。(一般的に雨水がかかるくらいはOK)
 完全に水没したり、断続的に水が掛かるような使い方はしないで下さい。

ノーマルECUに割り込み装着(スタンダードタイプ)

ノーマルECUに割り込み装着 ENIGMA FIRE PLUS サイズ

小型のENIGMA本体は、フロントカウル内などにあるノーマルECUの配線に割り込ませて装着します。無線操作なので通信ケーブル等を出す必要がなく完全に埋め込んでしまうことが出来る為、ENIGMA本体の盗難防止効果もあります。


スマートフォンでセッティング

スマートフォンでセッティング

専用の多機能アプリをお持ちのスマートフォンにダウンロードしてENIGMAをコントロール(アンドロイド版はグーグルプレイからiOSはAPPストアから/各¥300)スマホからリミッターカットや燃料の増量/減量等パソコン操作ソフトと同じ事が全て出来ます。Bluetooth無線接続なので面倒な有線接続もありません。何時でも何処でも簡単に気軽にセッティングや設定変更が出来ます。
※使用出来るスマートフォンの機種及びバージョンについては当社こちらでご確認ください。


スマートフォンがタコメーターに

スマートフォンがタコメーターに

市販の車載用スマートフォンアダプター等を利用すればスマホがタコメーターに早がわりします。 画面のタコメーターの「レッドゾーン」はレブリミッターの設定回転数と連動していますので設定を変えれば回転数の抑制も簡単に出来ます。 また、TPSモニター(スロットルポジションセンサー値モニター)も連動して動きます。これは今アクセルをどの位開けているかを表示させる機能です。燃費運転などのヒントやチューニングセッティング時などさまざまな場面でお役に立ちます。画面を切りかえ燃料MAPを表示させて走行する事も可能なので、リアルサーチ機能を使いMAPの「今何処を読んでいるのか?」を走行中に確認する事も出来ます。セッティングしたい箇所が画面で確認でき、勿論そのまま燃調も出来ます。使い方を工夫すればセットアップ時間が大幅に短縮されます。
走行中の取り扱いには十分注意してください。また操作は危険ですので 停車して行って下さい。


多機能パソコン用ソフトで燃調

多機能パソコン用ソフトで燃調

当社HPより無料のパソコン版多機能ソフトをダウンロードして、お持ちのパソコンにインストールして下さい。 点火時期の変更や燃料噴射量の増量/減量がエンジン回転数とスロットル開度毎に設定出来ます。エンジン始動中の接続も出来ますのでリアルサーチ機能を使いリアルタイムで今のエンジン状態を燃料MAPに反映させることが出来ます。 (今読み込んでいる燃料MAPの位置を反転させてリアルタイムで表示するシステムです。) タコメーター表示機能やTPS値表示機能、デジタル加速ポンプ機能、水温(油温)表示機能等セッティングに便利な機能が満載。エンジンをかけたままで燃調MAPの書き換えも可能です。 ボアアップ車等の燃料増量セッティングからパワーフィルター装着車のライトセッティングまで幅広く対応します。


10回転毎に自動再計算し細かく増量/減量

回転毎の増量噴射イメージ図

燃料の増量/減量は250rpm刻みで数値を入力しますが、例えば4999回転から5000回転になった瞬間に設定分の増量を全て行うのではなく、ENIGMAはその間の増量分を10回転毎に計算し分割して増量します。5010回転・5020回転というように10回転毎に滑らかに増量していきます。


ピットレーンリミッター

ピットレーンリミッター

レース時のピットレーン速度規制等に有利な機能です。レブリミッターとは独立した「ツインリミッター」を装備。市販のスイッチ等を使い、ハンドル等に装着してENIGMAの配線と接続すれば、あらかじめセットしておいたスピード(回転)にスイッチONで制御します。
ピットレーンリミッター機能はGROMおよびZ125 Pro用ENIGMA FirePlus のみ特別装備。


水温/油温計表示機能

水温計表示機能

市販のデジタル温度計のようにリアルタイムで 水温/油温を表示する機能を搭載。 スマホアプリやPCソフトのリアルタイムモニター 画面で現在の温度をリアルタイムに表示します。 エンジン回転数/アクセル開度と同時に表示させることが出来るのでセッティング等に役立ちます。


iOS/アンドロイドどちらにも接続可能

iOS/アンドロイドどちらにも接続可能

ENIGMA FIRE PLUSは、iPhone(iOS)とアンドロイドスマートフォンの両方に通信接続が可能です。スマホOSの種類を気にしなくても大丈夫です。もちろんPCにも無線接続可能。対応スマホ機種は常時更新中。windowsOS情報等は、当社HPからご確認いただけます。


ENIGMA type-P Lineup

・ENIGMAは競技で使用することを前提とした商品です。競技場又はサーキットなど公道以外の場所でご使用下さい。
・点火セッティング/燃料セッティングは、一歩間違うと重大なトラブルの原因となります。使用する場合は、全てお客様の自己責任でお願い致します。
・国内仕様のシグナス−X(SE44J)にはO2フィードバック機能が無いため、リプレイサーは機能しません。
・Z125Pro NMAX125用にはアイドリング微調整機能はありません。
・Monkey-FI用はアイドリング微調整機能ではなく、アイドリング同期機能になります。
 当製品使用に関するトラブルやそれらに付随して起こる全ての事に対して当社は一切、責任を負いません。
・上記表の価格は、税抜価格です。商品には別途消費税がかかります。
※従来製品のFBD-330RTF(JAN 4580490201157)を新型グロム(2016年LEDヘッドライトモデル)に接続するには、一部配線変更が必要です。FBD-330RTFW(JAN 4580490201294)は2015年以前のグロム(プロジェクターヘッドライトモデル)および2016年以降のグロム(LEDヘッドライトモデル)の両方に配線変更無しで接続できます。

BUY ENIGMA FIRE PLUS